チャットレディと出会える前提でライブチャットを使っている人

チャットレディとスマホのアドレスを交換しようとするお客

チャットレディを長年やっていると、男性ユーザーが連絡先を聞いてくることがあります。

携帯のメールアドレス教えてください、ラインやってませんか、などです。

この記事では、チャットレディによくある、出会い目的のユーザーの対処法や断り方や返信してはいけないメール分などを紹介しているので、是非参考にして、あなたのこれからのチャットライフに役立ててください。

出会い系アプリと間違えて使っている人

チャットレディのサイトには、ほとんどのお客さんが女性との会話や、エッチなことを女性にしてもらいたいという男性客がほとんどですが、出会い目的の男性もいるのです。

男女のマッチングサイトでもないのに、出会えると思っている男性ユーザーが必ずいます。

ライブチャットを男性と女性との出会いの場だと思っている男性というのは、思ったより多いのです。

なので、ライブチャットサイトのメールに直アド教えてくださいとか、ライン教えてくださいとか、速攻で聞いてくる人もいます。

ですが、これは男性ユーザーにライブチャットを紹介している一部のメディアも悪いのです。まるで、出会いの場であるかのような宣伝をしているから勘違いする人が増えてしまうのです。

そのウェブメディアというのは、紹介料をもらっているので、なるべく男性に登録させようとして、あることないこといって、出会いの場であるなどと宣伝して、登録してもらおうとするんです。

当然ですが、そういう宣伝されたサイトを目にした男性はこのサイトに登録すれば女性を入れ食いできるみたいに勘違いしてしまうのです。

こういった広告目的のウェブサイトが跳梁跋扈しているからこそ、男性ユーザーが、チャットレディにチャットにログインするなりテレビ電話をかけるなり、いの一番にエッチ出来ませんか?などと聞いてしまうのです。

まあ、他にもいろいろな細かい要因があるかもしれませんが、こういったウェブサイトのせいで男女の出会いができると勘違いしてしまうお客さんもいるということです。

出会い系サイトと思っている男性客の行動

以下には、私が実際に男性ユーザーからアドレスを聞かれたエピソードを紹介していきたいと思います。

ライブチャットでチャトレとして稼働したことがある人は、何度も経験したことがあると思いますが、ぜひ参考にしてみてください。

チャット開始して唐突に「付き合ってください!」

いきなり彼氏はいませんか?僕の彼氏になってくれませんか?などと唐突にいってくる男性客はかなりいます。

こういった男性は、チャットレディも彼氏がほしいと思っているみたいで、どういう男性が希望ですか?などとも聞いてくるのです。

ライブチャットサイトのメールやチャットが始まって早々にこういうことを聞いてくる出会い目的の男性に遭遇したら、拒絶するのではなくて、適当に会話しながら、チャット時間を稼ぐのもありですね♪

ライン交換してくださいとどしょっぱつから聞いてくる人

チャットレディに出会い目的でメールをよこす男性客というのは、このラインを聞いてくるパターンというのが一番多いですね。

ライブチャットサイトには、唐突にチャットレディに、ラインIDを添付したメールを送りつけてくる男性もいます。

ライン交換などを聞いてくるのは、メールがほとんどで、男性側もポイントをなるべく消費しないようにしているので、チャットであまり聞いてくることはありません。

まず一通目に直アドかラインを教えてくれといって、だめだといわれれば、別の女性に片っ端から送っていくので、注意が必要ですね。

ですが、どちらにしても報酬にならない男性を相手にしていてはきりがないので、気にせずチャットレディをやり続けましょう!

チャットレディに、ライブチャットのメール送信機能をつかって、ポイントをわざわざつかって、お誘いのメールをしてくる男性はたくさんいます。

私の場合はすぐに断っていますが、卓越したチャットレディの女性であれば、そこからうまく趣味の話などにもちこんで、思わせぶりな態度をつかいながら、メールで稼いでいる人もいます。

男性のあそこを見せてくる客

自分の股間の大きさを誇りに思っている男性は多く、それさえ見せつければ女性が惚れてくれると思っている人も世の中にはいるのです。

いきなり勃起したペニス画像を添付して送りつけて、このマラであなたをいかせます!なんて文言を添えてきたりしますが、正直男性の股間なんて一切興味ないですよね…。

巨大なチンコが女性を虜にすると本気で信じている男性がいるのも面白い話ですよね。

勃起したあそこの画像を送ってくる時点でメルアドなんて教えるわけもありませんし、そもそもライブチャットは出会いの場ではないので、勘違いしている男性も気づいてほしいですよね。チャットレディとしては、こういう男性ですら手玉にとって、チャット報酬を伸ばしていくことが最善だと思います♪

なぜか会えると思っている男性

チャットレディをしていて、何回かチャットをしていると、会えるかのような質問をしてくる男性がいます。たとえば、セックスの時は攻める方がすき?とかです。

とにかくリピートしてでも即席でも会いたがる男性というのはいるものですが、こういった男性をうまいこと転がしていってチャットレディとしてなんぼだと思います。

とにかくなにがなんでも女性と会って、セックスしたがる下心がすごい男性もうまいこと転がしていけば、お金を稼げますが、自分を好いてくれて会話をしたいと思ってくれる人だけとチャットをしていても稼げるので、断るなら断ってもいいと思います。

ホテルを予約してくるお客さん

アダルトチャットというのは、本来は2ショットで見せてあげるものですが、中にはずるがしこい男性もいて、自分だけにセルフ動画を撮影して送ってくれなどとメールを送ってくる男性もいるのです。

動画をたとえ送ったとしても、さらにあれをしろこれをしろと要求が激しくなって、いっこうにチャットにログインしてくれたり、テレビ電話をかけてくれたりとお金を稼げずにこちら側がむしり取られるだけなので、最初から断っておくことが吉です。

チャットレディをやっている女性は慈善行為でやっているわけではありませねんから、対価をもらって当然なのです。

セックスしたいですとかいってくる男性

チャットレディで出会おうとしている男性というのは、すべてのチャットレディに上から下までメールを送って、なんとしてでも出会おうとします。

なぜチャットレディと出会ってセックスしようとしているのかわかりませんが、もうチャットレディのサイトは出会い系だと勘違いしてしまっているのかもしれません。

有名どころのマッチングアプリなどはいくらでもあるのに、そっちへいけばいいのに、という論理は通用しません。なぜなら、チャットレディのサイトが出会いを提供しているものだと完全に勘違いしているからです。

チャットレディがお客さんとの間でやってはいけないこと

以下には、男性客に対して、チャットレディがやってはいけないことや言ってはいけないことなどをご紹介しているので、是非参考にしてみてください。

なんとなくやってしまっている女性もいるかと思いますが、危険なのでやめましょう。

会ってしまわないように

たまに、チャットレディが男性客とチャット世界ではなくリアル世界であったことがあるなどというブログを目にしますが、正直会わない方がいいと思います。

物理的に男性に会ってしまったら、どういう意図を持っている男性なのかわかりませんよね。なによりチャトレの一番のメリットは会わなくてもいいところなのに、そのメリットが欠如してしまいます。

ライブチャットで気兼ねなく交流を交わしていく内に打ち解け合っていくのはわかりますが、これはお仕事なので、きちんと線引きをしておいたほうがいいでしょう。

ライン交換などはしてはいけない

スマホのメールアドレスなどを教えて、男性ユーザーと直接やりとりをしても、チャットレディとして稼げるわけではないので、やめておきましょう。

男性客に連絡先をしつこく聞かれた場合は、ライブチャットの規約にあるから、そういった行為はできないことを伝えて、わかってもらいましょう。

出会えるかのように振る舞わない

直アド交換などの連絡先交換はもちろんしてはいけませんが、こうやってあたかも会えるかのように引き延ばすのもやめておいた方がいいでしょう。

このようなテクニックを使っているチャットレディも、教えている人ももちろんたくさんいますが、これは男性の下心をつかった狡猾なテクニックなので、あまりおすすめできるものではありません。

最近では、コロナの真っ最中なので、自粛ムードが漂っていて、うかつに会うことができないことをいいことに、会いたいけどコロナだから会えないといって、うまいこと引き延ばしているチャットレデイもたくさん見受けられます。

ですが、こういった男性心理をつかったテクニックというのは、もとから会う気なんて毛頭ない訳なので、人間として心理的にどうかと思います。

男性だって一人の人間なので、会う会う詐欺をやられたときの気持ちを考えて、会えないとはっきりいって、単純にチャットの会話のみを楽しむようにしましょう。

連絡先を聞いてくる男性客の回避方法とは

アドレスやラインを聞いてくる客に対して、どういった返答をするのが一番いい対処法なのでしょうか。

以下には、私がチャットレディをしていて連絡先を聞いてくる男性客に対して使っている回避策です。

チャットレディのスタッフに何か言われるからという

チャットレディはそもそも出会いの存在ではないのに、そんな女性に対して連絡先を聞いてくる男性には適当ないいわけをつけて断っておくのがベストです。

男性はポイントを使いたくないケチな人が多いので、アタックしたメールで一度撃沈すると次からは送ってこなくなるパターンが多いので、まずは断っておくことが大切です。

ライブチャットの規約違反と伝える

どこのライブチャットも男性客との連絡先の交換や、直接的なやりとりは規約違反なので、これを言い訳にすれば連絡先をしつこく聞いてくる男性にも断りやすいと思います。

代理店のせいにする

上記で紹介した連絡先の断り方というのは、どの方法も第三者から禁止されているということに終始しています。

チャトレをやっている女性が自分で断っていると言うことがばれなければ、男性客からも非難されることなく穏便に断ることができて、メリットが多いです。

リピーターさんでも直アドは交換しないのが鉄則!

チャットサイトには、チャットレディと出会えるものだと勘違いして、連絡先を気安く聞いてくる男性というのがたくさんいます。

チャットレディの女性側も、初めてチャットする相手には教えないけど、リピートしてくれる仲良くなった男性ユーザーには気を許して教えてしまう人もいると思います。

チャットレディとして、男性客と話すわけではないので、いくら男性とおしゃべりしたとしても、報酬がもらえるわけではないのです。

現役のチャットレディの体験談で、男性客と会ってきたというブログなどを書いている人がいますが、実際の世界で男性客と会うのは危険なことだといえるでしょう。すべての人が善良とは限りません。

ライブチャットをやっている男性というのは、アダルト傾向が強い人が多いわけですから、チャットレディにどんな意図をもっているかわかりません。

直接のアドレス交換をして実際にあったとして、個人的な住所や名前などがしれてしまったら、弱みを握られたことと同然です。

チャットレディというのは、そういったプライベートな情報が守られていて、安心して副業や本業にできるからこそ人気がある職業だと言うことを忘れないようにしましょう。

他には、一人のそういった軽率な行為をする女性がいることにより、まじめにお仕事している他のチャットレディにも迷惑がかかることになります。

一人のチャットレディがそういった行為をすることにより、あの子はアドレス交換してくれたのに、なんでしてくれないの?という風になってしまいます。

男性ユーザーの中に、「チャットレディは連絡先を教えてくれるのが当然」だと思い込んでしまったお客さんが増えることにより、チャットレディはチャットがしにくくなります。

チャットレディをやるときは規約をしっかり守って、楽しく稼げるチャットレディ生活を送りましょう♪

連作先を教えて教えてとしつこいときはブロックする

直接やりとりの手段を教えるというのはラインであれ、スマホのキャリアアドレスであれ、教えることは出来ないといっているのにも関わらず何度もしつこくきいてくる男性客というのはブロック機能を使ってブロックしてしまいましょう!

チャットサイトにおいて、ポイントを消費してお金を払ってくれる男性ならまだしも、なにもしていないのにただで連絡先を教えろなんていってくるお客は時間の無駄なのでさっさとブロックしてしまいましょう。

女性側が、男性のメルアド教えてほしいなんて言う要望に応えてしまった日には、もう二度とチャットサイト経由ではメールを送ってこないでしょう。なぜなら無料で連絡が取れる手段を手に入れてしまったからです。

チャットレディの女性の連絡先を手に入れた男性は、ただで連絡がとれるので、もうけもんですが、チャットレディ側には直接男性とやりとりを何十回と重ねたとしても一銭も稼げませんので時間の無駄になってしまいます。

ライブチャットを経由しないで、いくら男性客とやりとりを重ねたとしても、誰かが報酬を支払ってくれるわけではないので、時間の無駄になってしまいます。

チャトレをやっている女性がライブチャットのお客さんである男性客と直截なプライベートな連絡先を交換するというのは、まったくもってデメリットしかありません。

そもそも、チャットサイトというのは男性ユーザーがいくらでもいるので、その男性が連絡先をきいてきたからといって、ブロックしても、いくらでも自分とチャットしたいといってくれる男性はいるので、ためらう必要もありません。

チャットレディと出会えると勘違いしているようないやなお客さんはブロックして、ちゃんとお金になるような相手とチャットをするべきなのです!それこそが稼ぎのアップにつながります!